インプラント・予防・審美の茨城県龍ヶ崎市佐貫(JR常磐線東口)・根本齒科室

削らない、ということが歯の寿命にとても大切なのです。一度削ってしまうと歯は二度と再生しないからです。
たとえばインプラントひとつを取ってみても、

 「削らないインプラント
 「抜かないインプラント
 「周りの歯を守るインプラント

などのように、じつは今ではインプラントは1本でも多くの歯を残すための、非常に強力な武器なのです。
このようにインプラントを併用すると長持ちする歯も、入れ歯やブリッジにしてしまうと早晩失われてしまうのです。
つまり治療が治療になっていないのです。

インプラントの"守護神"としての強力な役割こそ、インプラントの新しい価値観である」
実態としては、次なる歯の欠損というコストを経済的に補うか、自分の残りの歯で補うか、と言ってもいいでしょう。
・・・こんなことも、だれもご存知ないでしょう。

「そんなバカな」、と思った方は、以下をよくご覧ください。

これが、歯医者と縁が切れない人がいつまでも縁が切れない理由だったのです。

歯医者では修復はできますが治療はできません。しかも、修復行為そのものが歯にダメージなのです。

削ってつめておけば安心、と思っていると、このようなしっぺ返しを食らうのです。 あくまで個人差はありますが、治療に依存して予防を軽視すると、平均してこのような経過をたどることが分かりました。
ですから最近は、歯科治療そのものの意味が、厳しく問い直される時代になったのです。
歯を大事に残すには、治療よりももっと大事なことがあるのではないか。
そもそも安易に削ったからこのようなことになってしまったのではないか。従来型の歯科では、

お分かりいただけましたでしょうか?
"削らない"にこだわっていくと、おのずと歯にやさしい、人にやさしい方向に進んでいくのです。

今までは、「削られること」「つめられること」が"ありがたいこと"と思われていました。
しかし、これからは、このようなことはありがたいことではなく、「削られないこと」「歯を長持ちさせてもらえること」のほうが、よほどありがたいことに変わっていくのです。

ここでひとつ、皆様が忘れていることで、とても大事なことを申し上げます。

なぜ、外科や内科などの医科でなく、歯科ばかりが「予防予防」と言うのでしょうか?

それはじつは、歯科と医科(一般的なもの)は真逆とも言えるほど性質がちがうからです。
一般に、病気や怪我などの疾患を考えるときには、大きく2つの点を考える必要があります。
@ それは避可能か(予防努力の余地があるか)
A それは旧可能か(自然治癒力を期待できるか)
の2点です。

これに当てはめてみてみると、たいてい
【医 科】@回避不能 A復旧可能
【歯 科】@回避可能 A復旧不能
であることが分かります(一部慢性疾患を除く)。

【医 科】
@怪我や病気はいつ起こるかわかりません。それらは社会生活上の一定のリスクと受け止めるしかありません。
A傷もふさいでおけば付きますし骨折も添木をしておけば付きます。少々の感染症も、一時的に薬や点滴を行えば基本的に自然治癒力で治ります。
【歯 科】
@主に北欧の疫学的研究のエビデンスなどから、幼少時から定期的に健診・メンテナンスして予防努力を重ねれば、感染症であるむし歯や歯周病はほぼ完全に防げることが分かりました。また、早い時期からの矯正により歯ならびを整えることで、これらの予防効果が飛躍的に上がることも分かりました。
A上にも書いたように、削ったり抜いた歯は戻らないので人工的な修復物で補うしかありません。当然耐久性の問題や、修復物それ自体が歯をいためて歯の寿命を損ねてしまう問題が根強く残ります。

このように、@でもAでも医科と歯科は逆の性質を持っています。
一般に、回避可能で復旧不能な疾患は、回避努力(予防など)にもっとも力を入れるべきなのです。
そうでないと、糖尿病などのように薬漬けになったりして、治療依存という悪循環に陥りがちだからです。

これが、歯科では予防が必要だという論理的根拠です。
この概念について詳しくはこちらをごらんください。歯科以外にも応用可能な概念です。

何か痛くならないと歯科医院の門を叩けない、というのは、これらの点からも誤りです。
また、治療後に「何かあったら来てください」だけ言って終了するのも不親切なのです。


当歯科室のメインページ「メニュー」は、このページの一番上の左側のロゴマークか、下の扉の部分をクリックしてお入りください。

また、無料相談フォームで、治療などに関するお問い合わせに可能な範囲でお返事差し上げております。
さらにこのフォームを通じて、ご希望の方に歯科の予防やインプラント治療についてまとめた小冊子を無料でお送りしております(院内でも配布しております)。
お気軽にご利用ください。


歯科医院検索
歯医者/歯科情報の歯チャンネル