インプラント 予防 矯正 審美 ホワイトニング
根本齒科室/Spazio Dentale RADICE
〒301-0032 龍ヶ崎市佐貫1-9-8
JR常磐線 佐貫駅 東口 歩2分
フリーダイヤル(0120)123-418
診療時間9:30〜13:00 15:00〜18:00
休診日:水・日・祝
HOME > 審美修復

審美修復

はじめに

私がはじめて歯科臨床において審美的なことを、歯だけではなく顔貌とのからみで真剣に意識するようになったのは、『シンメトリーな男 (新潮文庫): 竹内 久美子 著』という本を手にしたことがきっかけでした。著書内では、さまざまな動物の例を引き、体の各器官がより左右対称に近いほど異性にもてるということを繰り返し主張してありました。左右の尾が非対称なツバメに、人工的に尾をつけたらもてるようになったが、外したらまたもてなくなってしまったくだりは非常に印象的でした。賛否両論はあるところですが、少なくとも、顔全体のバランスの中で口許、なかんずく歯列のバランスが対話距離における印象に強い影響を及ぼしていることは否めません。

人間の容貌の良し悪し・魅力に関しては、先天性のもの、後天性のものがありますが、脳に非常に近いところにあり、とくに表情筋などを通じて相互に影響を及ぼしあっていることが指摘されています。また人間には、本能的に目、鼻、口などのバランスを察知する能力があり、鉄道・飛行機・自動車などの乗り物はもちろん、単なる模様に至るまでも、マークのバランスを目・鼻・口になぞらえて擬似的に顔のようなものとして日常的に認識しております。脳手術の後遺症などでこれらの能力が失われることを『相貌失認』というようですが、きわめて重篤な社会生活上のダメージを被るとされています。

視点を歯に戻してみると、1本1本の色調・バランス、全体のバランスが取れていることはもちろんですが、歯と歯肉の調和、生え際のバランスも無視できないポイントです。もしそれらのバランスが取れていないと、一部のプロを除いては直接(バランスのこことここが取れていない)という理解にはなりませんが、間接的に清潔感が損なわれたり、明朗さが妨げられたりというような、無意識のイメージに変換されてとらえられることが一般的です。

難しいことは分かりにくいかもしれませんが、そのような場合は こちら(click)をご覧いただければ、その人にとって1本の歯の状態がいかに人格権・社会権に多大な影響を及ぼすかお分かりいただけるかと存じます。

ファイバーコアVol.2〜メタルフリーレストレーション

長く機能する修復でもご紹介しましたファイバーコアですが、審美面においてもすぐれた特徴を有します。

昔は、土台やかぶせ物の裏打ちなど、なんでも金属、銀なら安物、金なら高級、という時代が長く続きました。 出来上がった冠は確かに一見白く見えるのですが、金属で完全に光を遮断してしまいますので、よく見ると深みの浅い、人工的な質感は否めません。

ファイバーコアの場合は色調が半透明のアイボリーなので、光の透過性が非常に歯と似ており、金属を用いないオール セラミックスと併用することで従来の差し歯では考えられないような審美性と自然な感じを獲得することができます。

Prezzo(一例)
ファイバーコア1歯 ¥10,800(\10,000)

オールセラミックス(クラウン・ラミネートベニヤ)

いわゆる芸能人が歯を白くするのに審美歯科でもちいている材料がオールセラミックスで、現存する歯科材料の中でもっとも透明感・質感ともに豊かに美しく仕上げることができます。

また優れた発色システムが完備していて、レジン系では難しい非常に細密なデザインが可能なほか、セラミック自体に吸水性がなく、生体親和性に優れ、一切変色しません。

また、色調が半透明のアイボリーなので、光の透過性が非常に歯と似ており、金属を用いない ファイバーコアと併用することで、現在考えられるベストの審美性と自然な感じを獲得することができます。

一部のケースでは適応症にならない場合があります。詳しくはご相談ください。

Prezzo(一例)
オールセラミックス1歯 ¥97,200(\90,000)

ダイレクトレストレーション

むし歯治療(C2)でご説明したように、比較的小さい欠損を修復する場合には コンポジットレジンという保険のきくつめ物があります。 しかし耐久性(耐変色性)や物性の低下という問題があり、しばらくするとお口の中で、いかにも「当てつぎ」のように目立ってきます。

この材料はコンポジットレジンのメリットを生かしつつ、歯と同等の硬さ、耐久性について格段の改良がなされています。また型を取らないので1日で終わる簡便さも特徴です。歯の接触点についても審美的に再現できる道具も開発され、修復治療における以前の常識はほぼ根本的に覆されたといってもよいでしょう。

もちろんそれだけの材料の特性を最大限に発揮させるためには、非常に繊細かつ精妙な色覚と治療技術が要求されることになります。

すき間のむし歯を防ぎ、長期的に持たせるキーは、材料と歯の接着技術です。この分野では日本は世界随一の技術を誇り、ずっと安定した治療効果を発揮することが可能です。適用範囲も比較的広く、通常お口の中で「つめ物」と呼ばれているタイプの銀歯で修復されているものにはほぼ応用が可能です。

Prezzo(一例)
ダイレクトレストレーション1歯 ¥10,800(\10,000)

ノンクラスプデンチャー

いわゆる取り外しの入れ歯の最大の欠点は、何度も申しますが、バネでした。 バネのかかる歯に横の力がかかる点、食べかすが詰まりやすい点などもそうですが、何と言っても審美的には対話距離でのスマイルに対する躊躇が無視できません。

体質その他の事情などからどうしてもインプラント治療の選択には一抹の不安が残るケース、ブリッジにするために健康な歯を大幅に削ることを回避したい場合、または歯の欠損の数がやや多く、そもそもブリッジの適用がこのましくないようなケースには、とても向いています。

これは簡単に言うと、いわゆるバネのない入れ歯で、自らの弾力性で口の中に装着されます。色調は半透明なので、装着するとなかなか入れ歯と肉の境界線がわかりにくく、しかも非常に軽いので、とりあえず入れ歯の見た目・違和感が気になる方にはファーストチョイスかもしれません。

事実アメリカでは、インプラント治療時の仮義歯としてこのタイプの入れ歯が多く用いられています。しかしやはり取り外し式の入れ歯なので、お手入れの煩雑さは残ります。加えてこのタイプの入れ歯には専用の洗浄剤を使用する必要があります。また、総入れ歯に近い症例などでは、この材料を選択するメリットがない場合もあります。

耐久性は万全というわけではなく、5年くらい使用すると固くなってきたりして再製作が必要なことが多くなってきます。
したがいまして、ノンクラスプデンチャーに限っては、5年間の保証期間を設けておりません。

Prezzo(一例)
ノンクラスプデンチャー両側 ¥129,600(\120,000)
専用洗浄剤 10か月分 ¥3,240(\3,000)