入れ歯のリスク

はじめに

まず入れ歯は、形を補うものなので、分類上は疾病に対する医療ではなく障がいに対するリハビリテーションです。

つまり義足・義手と同じようなものです。

また、土手(歯の抜け落ちた歯肉)の部分が経年的にやせていくので、当然入れ歯があわなくなってきます。個人差はありますが、このように取り外し式の装置は、決して永遠にもつものではなく、通常何回も作り変える必要があります。

入れ歯でアゴがなくなる!

~顎堤吸収

しかし、入れ歯を作り直したときはそれで良いと思っても、 安易にそれを繰り返しているうちに、どんどんアゴがなくなっていってしまいます。 極端な言い方をすると、入れ歯を入れているだけでアゴがなくなっていってしまうのです。

これがどのくらい恐ろしいものか。

下の写真をご覧ください。これは80代の方の写真で、何十年も入れ歯が合わなくて苦労したとのことです。
点線で示したのがアゴの骨ですが、縦線部で示した本来の形が大幅に失われてしまっています。


残り1センチありません。非常に危険です。

しかも、左右の幅は変わらないのに上下の幅だけ縦線部のように大幅に失われてしまっています。
これは永年にわたって入れ歯がアゴの骨を破壊し続けてきた何よりの証拠です。

部分入れ歯を入れると抜歯になる?!

~咬合性外傷

部分入れ歯ではバネをかけた歯がどんどん悪くなり、次々に抜歯になってしまうので、より大きな入れ歯に作り変えなければならなくなることはよく知られています。

なぜならば、「咬合性外傷」という症状で、どんどん歯が抜歯になってしまうからです。部分入れ歯にすることでこの症状が推し進められてしまうのです。

次の例は、そのようなケースのひとつです。

この方は、奥歯のない方です。

入れ歯も合わないので入れたくない、とりあえず今ある歯で差し歯を作ってほしい、とのことでしたので、とりあえずそのようにしました。

2年後に、突然左下の歯が腫れて痛いと来院されました。見ますと、写真でマルで囲んでいる部分が充血して真っ赤に腫れ上がっています。びっくりしてレントゲンを撮ってみたところ、大変なことが判明しました。

中段のレントゲン写真は急患来院時のもので、上の写真はその2年前のものです。

重ねた比較写真で分かるように、たった2年間でマルで囲んだ歯の骨が大きくえぐり取られたようになくなってしまっています。
この歯が奥歯のかわりに無理な力を負担していたからこうなってしまったのです。

こうなるともう抜歯です。

とくに後(奥歯)のないタイプの入れ歯ほど危険です

これが「咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)」の恐怖です。歯に無理な力が継続的にかかったときに急激に起きる骨崩壊で、気がついたときには抜歯という恐ろしい症状です。 じつは、歯は後ろほど力がかかります。昔はこの破壊的な咬合性外傷を防ぐ手立てがなかったので、後ろから順番にどんどん抜歯になって、どんどん入れ歯が大きくなり、ついに総入れ歯、というのがお決まりのコースでした。

「なぜ入れ歯が咬合性外傷を推し進めるのか」という声が聞こえてきそうです。

それについて詳しくは、インプラントの項目の「"強靭化"のしくみ」 のページで述べます。

なぜならば、このような奥歯のない場合の咬合性外傷は、原則的にインプラントでしか助からないからです。

あなたのお口の基本的人権

また、当然ですが、入れ歯では合う合わないとは関係なく、自分の天然の歯と比べたら機能性の差は雲泥のちがいです。

りんごやフランスパンの丸かじりなど土台無理でしょう。
古たくあんや生あわびなどの美味な食材も、自分の分は相当細かく刻んでからでないと食べられません。
「コリコリ」「サクサク」「ガリッ」といった歯ざわりは、とくに和食の大きな醍醐味ともいえるものですが、残念ながら土手(歯肉)ではそれは分かりません。
干物のような腰のある硬いものはもう何年も食べていません。

お手入れも大変面倒です。

食事中は食べかすがすぐにはさまるので、外食などでも周囲に内緒でこっそり化粧室に入れ歯を洗いにいかなければなりません。
また毎晩外してブラシで洗い、コップの水などに漬けておかなければならない不便さは多くの患者さんから不満の出るところです。
面倒くさがって外さないまま寝ていたりするとあっという間にバネのかかった歯がむし歯や歯周病になってしまいます。
女性の方ですと、口元から入れ歯のバネが見えたりするのは、非常に恥ずかしいものです。
また、バネの周囲は大変汚れやすく、義歯性の口臭もかなりの割合で大きな問題になっています。
口臭はまた非常にデリケートなものでもあり、気がついた方もなかなか本人にお伝えしにくいというやっかいなものです。そのくせに、自分自身の口臭はほぼ自分では分かりません。

じつは使用中の入れ歯に不満を持つ人がなんと、日本では約2000万人もいると言われています。
これは糖尿病とその予備軍を含めた患者数に匹敵する数字です。 しかし、入れ歯は命に直結する問題ではないために軽視されがちなのです。

そのせいか、現在、入れ歯安定剤の売上高が年間百億円を突破しています。 「歯医者はもうたくさんだ」ということなのか、歯科医院に行くかわりに、ドラッグストアーで入れ歯安定在を買い求める人がいかに多いかが分かります。

不思議なことに、そんなに需要の高い入れ歯安定剤ですが、歯科医院にはなぜか置いてないことが多いのです。まあさすがに先生も負けを認めたような気になっていい気がしないのでしょう。

こんなに問題が多いのに、なかなか取り外しの入れ歯のトラブルが減らないほんとうの理由は、厚生労働省が健康保険で認めてしまっているからです。

今さら「入れ歯は一応保険が利くけど問題が大変多い」などと本当のことを、保険の元締めの厚生労働省自身が言うわけにはいきません。 事情を良く知らない側は(歯がだめになっても入れ歯があるから大丈夫)などとつい油断し、いざ入れ歯になった段階で「しまった」「かめない」と後悔してももう遅い、というのが、私が卒業以来経験してきた「入れ歯あるある」です。

また、もう何十年も入れ歯を作り変え作り変えしてきたので、食材の本当の味や歯ごたえをすでに忘れてしまっている方も多くおられます。 まさにこれは「おいしいものをしっかりかんで食べる」「取り外さなくてもよい」という人間が本来受けるべき権利が何物かに妨げられてしまっている状態なのでしょう。あまりにももったいない話です。

入れ歯は人を幸せにしない

そのことが知らされてこなかったことが、どれほど患者さんたちを傷つけてきたか。
以下に、代表的なご意見を掲載します。これらは実際の患者様のお声です。

[U様 50代 女性]
このままではいけないと思い、先月、近所の歯医者さんで部分入れ歯をつくってもらいました。部分入れ歯でも奥歯が入れば、楽しい食事ができると考えていたのに・・・・・・
入れてみて愕然としました。
何度歯医者さんに合わせてもらっても、私の口にはなじまないのです。
残っている歯に部分入れ歯のバネをかけているのですが、バネをかけた歯が痛いですし、自分の歯とはぜんぜん違っていて噛んだ気がしません。
部分入れ歯を口の中に入れているだけでストレスになります。家にいるときは、ほとんどはずしています。食べるときも噛めないのではずします。
結局、部分入れ歯を入れない生活に戻ってしまいました。

[M様 60代 男性]
治療を繰り返しているうちに、だんだんと治療跡が大きくなり、充填からかぶせ、抜歯からブリッジ、挙句の果ては支柱となった正常な歯まで抜歯の憂き目を見ることになり、至頭、6~7年程前に入れ歯を使用する羽目になってしまいました。最初は片側だけでしたが、時を置かずもう片方もすぐに入れ歯になってしまい、両側にまたがる入れ歯になったときはかなりショックでした。
入れ歯は馴染む間もなく、度々壊れて不具合が続き、そのたびの修理でいい加減いやになりました。

このようなことが、日本各地で人知れず起こっているのです。
これは入れ歯が上手い下手、という問題ではありません。
取り外し式の入れ歯そのものが持つ本質です。

まれな幸運に恵まれないと、このようにお口にすら入れられません。
仮に幸運に恵まれても、すぐに壊れてしまいます。
また、バネをかけた歯が痛んで、どんどん抜歯になってしまうので、どんどん入れ歯が大きくなってしまいます。

行き着く先は総入れ歯です。
総入れ歯を入れていると、アゴの骨がどうなるか…

入れ歯で魂がなくなる?!

やぶから棒に、過激なタイトルで申し訳ありません。

しかし、とくに総入れ歯で顕著なのですが、かなりの割合の方が思考や言語がいっきに老化してしまい、独特の

 ふにゃふにゃしたしゃべり方
 短いフレーズ
 とぎれとぎれの構文
 省略されがちで不明瞭な語尾

などの特徴が無自覚にあらわれてくることが多いのです。

これは、入れ歯が不便でそうなってしまう部分もあります。
しかし、入れ歯=歯がなくなる、ということは、生物学的には大変なことなのです。

母親のおなかの中の胎児で一番最初にできる臓器は、口です。これはどの動物も同じです。
ですから歯や口は生物の根源的な情動、生きる力と密接不可分なのです。

人間は「火」と「料理」という文明を獲得しました。だから歯がないことの恐ろしさを忘れているのです。

たとえばライオンなど野生動物は、歯を1本失うことがすなわち命取りです。

一週間で死んでしまいます。

野生動物でも、目が見えない、耳が聞こえない、足が1本ない、などのハンディキャップは、リカバーして生き延びることができます。しかし歯だけはそうは行きません。

もちろん、人間といえども歯がないことがノーダメージではありません。
脳に対して「しっかりかんだ」という刺激や信号が行かないと、その人の根源的な情動、つまり「魂の息吹」が大幅に抑制されてしまうのです。

歯が常に喜怒哀楽とともにあるというのはこういうことなのです。
ですから自分の歯がないと人は「寂しい」「悲しい」のは、「魂が死に体」だからなのです。

わが国では「悪くなっても」「気軽に保険で」「抜いて入れ歯」で「大丈夫」ということに なっています。実を言うとこれはとんでもないことです。